大学受験予備校の四谷学院の特徴や費用について

各種講習や合宿、特訓など時期に応じたスペシャルメニューも

予備校 / 医学部受験予備校メディカルラボ

また担任が、データをもとに志望校への最短コースを導き出し、適切な学習方針をアドバイスしてもらえます。
通常の授業のほかにも、各種講習や合宿、特訓など時期に応じたスペシャルメニューが用意されていたり、定期試験をバックアップするシステムや推薦・AO入試対策などのサポート体制も充実しています。
このようなシステムの四谷学院に通った先輩たちからは、自分でも驚くほど偏差値を上げ、第一志望に合格したという経験を持つ人が少なくありません。
それがダブル教育の結果なのです。
四谷学院の費用については、入学金が10万円で、コース別の費用では国公立理系と医学部は62万5千円、私立医学部で61万5千円、私立薬学部なら60万5千円です。
文系の場合は国公立で62万円、私立なら60万5千円となっていて、テキストやテスト代などの諸費用として、私立型なら69800円、国公立型は74800円と設定されています。
そのほか時期ごとの講習や合宿などでも費用が別途必要になります。
校舎は北海道から九州まで24校あるので、自宅や高校の近くで選ぶことが可能です。
現役の高校生や浪人生はもちろんのこと、高認試験合格後大学受験にチャレンジする人にも勧められる予備校で、難易度にギャップがあっても埋められる可能性があります。
入塾のための試験はありますが、クラス分けのための試験となっています。

大学受験のための予備校のひとつに「四谷学院」があります / マンツーマンの55段階個別指導という方法を採用 / 各種講習や合宿、特訓など時期に応じたスペシャルメニューも